ようこそ、このページは川口機械工業企業研究会を紹介するページです。

機械研会則

川口機械工業企業研究会会則

第1章 総 則

第1条

 本会は川口機械工業企業研究会(以下「研究会」という)と称する。

第2条

 本会は川口機械工業協同組合に所属する満45才(原則として)以下の青年経営者、若しくはこれに準ずる者を以って組織する。

第3条

 本会の事務所は川口市役所商工課に置く。

第2章 目的及び事業

第4条

 本会は経済の伸張と科学技術の発展に呼応すべく中小企業の経営並びに技術上の問題を多角的に研究し会員相互の知識の高揚と併せて親睦を図り以って中小企業の健全なる繁栄に資する事を目的とする。

第5条

 本会は前条の目的達成のため次の事業を行う。

  1. 会員連絡及び互助
  2. 会員相互の研究発表会
  3. 講師招聘による講習会・座談会等の開催
  4. 優秀工場見学会
  5. 中小企業関係法令の研修
  6. その他目的達成のための必要と認めた事業

第3章 役 員

第6条

 本会に次の役員を置く。

  1. 代表 1名
  2. 副代表 1名
  3. 委員長 3名
  4. 監査 若干名
  5. 特別委員 若干名
  6. 顧問 若干名

第7条

 役員は委員長会議の推せんにより、総会で承認するものとする。また各委員会を構成する委員は委員長会議で選任するものとする。

  1. 代表は会を代表し会務を統括する。
  2. 副代表は代表を補佐し会務を執行し、代表に事故があるときはその職務を代理し、また欠員あるときはその職務を行う。。
  3. 委員長はそれぞれの委員会を統括する。
  4. 監査は会計及び事業を監査する。
  5. 川口市商工課長及び工業係職員並びに川口機械工業協同組合の職員は特別会員とし、庶務事項をそれぞれの分担に応じて処理する。。
  6. 顧問は川口市長及び経済部長並びに川口機械工業協同組合理事長とする。
  7. 各委員会ごとに副委員長を選任し、書記も兼務し記録を作成する。

第8条

 正副代表及び監査の任期は二年とする。但し、再任を妨げない。役員の任期満了後といえども後任者の就任するまでその職務を行う。


第4章 会 議

第9条

 本会の会議は研究会及び委員長会議並びに各委員会とする。また必要に応じて特別委員会を設置することができるものとする。

第10条

 研究会は毎月1回開催し第5条の事業を行う。但し、必要あるときは臨時に研究会を開催することができる。

第11条

 各会議は次の事項を役務とする。

  1. 委員長会議は研究会全体を統括する。
  2. 地域活動委員会は祭事・総会等を企画運営する。
  3. 会員交流委員会は会計管理及び会員親睦等を企画運営する。
  4. 知識向上委員会は講習会等を企画運営する。

第12条

 研究会の開催日は通常毎月1回とし、委員長会議において承認し、各委員会が実施する。

第13条

 研究会及び委員長会議は代表が召集し議長には代表若しくは代表が指名したものがあたる。各委員会の議長にはそれぞれの委員長があたる。

第14条

 本会が特に必要であると認めたときは関係者の出席又は資料の提出を求めることができる。


第5章 会 計

第15条

 本会の経費は会費及び寄付金その他の収入をもってこれにあてる。

第16条

  1. 会費は月額5,000円とする。
     但し、本会が必要と認めた場合は臨時に徴収することもできる。
  2. 第22条第2項で加入した会員(賛助会員、同条第4項の資格継承の場合を含む)は、別途特別年会費として10,000円を年度当初に納入しなければならない。
  3. 第23条で加入した暫定会員は、別途特別年会費として10,000円を加入時に納入しなければならない。

第17条

 会費は会員交流委員会が徴収する。

第18条

 納入した会費は原則として返還しない。

第19条

 会員交流委員会は本会の会計の状況を明確にするため次の帳簿を設けなければならない。

  1. 現金出納帳
  2. 銀行預金帳
  3. 会員別会費納入簿
  4. その他必要な諸帳簿

第20条

 本会の会計年度は毎年12月1日に始まり、11月30日に終了する。

第21条

 会計報告は次年度の第1回目の研究会において行う。


第6章 加入・継承・脱退

第22条

  1. 第2条に該当する者が研究会に入会するには、会員1名以上の推薦を要し、委員長会議の承認を得て入会金10,000円を納入しなければならない。また、再入会の場合は入会金を免除する。
  2. 賛助会員の青年経営者が研究会に入会するには、委員長会議の承認を得て入会金10,000円を納入しなければならない。
  3. 満45歳に達した会員は、その年度の終了時をもって会員資格を失い卒業とする。
  4. 前項により卒業した会員の事業所に有資格者がある場合は、あらかじめ委員長会議の承認を得て会員資格を継承することができる。この場合は入会金を免除する。

第23条

 組合加入資格に該当し組合に未加入の者が委員長会議の承認を得て、研究会に入会した場合、1年を限度として研究会活動に参加できるものとする。

第24条

 会員は特別の理由ある場合は委員長会議の承認により脱退することができる。

第25条

 会員が次の各号に該当する場合は委員長会議の協議により除名処分をすることができる。

  1. 会費を3ヶ月以上滞納した場合
  2. 年間出席率特に不良と認めた場合
  3. その他研究会の品位をきずつけた場合

第7章 そ の 他

第26条

 この会則で定めるもののほか運営について必要な事項は委員長会議において決定する。

第27条

 この会則を改正する場合は総会に諮り出席者の3分の2以上の同意を得ればできる。


附 則

  1. 研究会に出席又は遅刻しようとする時は予め川口機械工業協同組合まで必ず連絡しなければならない。
  2. 研究会の出席は原則として代理人は認めない。
  3. 研究会のOBとは原則として年齢制限(満45才)に達したる者。資格継承の場合は5ヶ年を経過したる者及び委員長会議において承認したる者をいう。



この会則は昭和56年12月1日より施行する。

(改正…昭和59年12月1日)
(改正…平成10年12月1日)
(改正…平成13年12月1日)
(改正…平成15年12月1日)
(改正…平成16年12月1日)
(改正…平成18年12月1日)
以 上

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional